出産内祝いを贈る時に知っておきたいおすすめギフトを紹介

ベビー

出産内祝いとは?

出産内祝いとは、抱っこ紐などの出産祝いを貰ったお礼にお返しをするということを指しています。昔の内祝いとは、少し意味合いが変わってきています。昔はプレゼントなど関係なく、出産した赤ちゃんを親族などにお披露目すること自体を内祝いと言っていましたが、段々と意味が変化していきました。そのため、必ずしもプレゼントを貰った相手にしか内祝いを贈ってはいけないという決まりはありません。普段お世話になっている方に報告の意味を込めて内祝いを贈るということは良くあります。

忙しい時は通販サイトを利用しよう

出産祝いを贈る側はそこまで大変ではないですが、出産内祝いを贈る側は出産直後でいろいろと忙しくなります。なので、うち祝いに贈るものをゆっくり購入しに行く時間がないということもあります。そういった場合には、通販を利用するといいでしょう。内祝い用のギフトをたくさん取り揃えている通販サイトがたくさんあるので、好みのギフトがみつかるでしょう。

おすすめ内祝いギフト

内祝いで一番大変なのは、どのギフトを贈るか選ぶことです。贈るギフトによっては相手が喜んでくれるか分かりません。かといって一人ずつ違うものを贈ると大変です。なので、出産内祝いのギフトではカタログギフトが人気になっています。カタログギフトは、相手がカタログの中から好きなものを選んで受け取れるようになっています。カタログギフトと通常のギフトでは何が違うのか見ていきましょう。

カタログギフトと通常ギフトの違い

カタログギフトの特徴

カタログギフトは通常ギフトとは違い、相手が欲しいものを選ぶので、とても満足度の高いギフトになります。カタログギフトの中にも、食品に特化しているものや、赤ちゃん関係の商品に特化しているものなどさまざまなタイプがあります。

通常ギフトの特徴

通常のギフトは自分で選ぶので、時間が掛かってしまいますが、贈られた側は自分達のことを考えて選んでくれたんだという気持ちになります。また、日用消耗品であれば、大体の方が喜んでくれます。

マナーも大事

どれだけいいギフトを選んだとしても、マナーを守れていないと、相手は不快に感じてしまいます。ここから出産内祝いのマナーを解説していくので、一緒に確認していきましょう。

出産内祝いの知っておきたいマナー

金額は頂いたものの半額

出産内祝いでは、貰った品物の金額を超えるお返しをすることは失礼に値します。なので、貰った品物の金額より低いお返しをしなければいけませんが、安すぎても失礼になってしまいます。なので、一般的に出産内祝いは贈られてきたプレゼントの半額程度が最適と言われています。

金額の例外

もし高価なプレゼントを貰った場合などは、半額もの内祝いを贈る必要がありません。三分の一程度のお返しでも失礼になることはありませんので、安心してください。また、目上の人からの出産祝いも同じで、三分の一程度でも大丈夫です。

贈る時期

出産祝いは、出産を終えてから一週間から一カ月以内に贈るのが常識となっていますが、出産内祝いはその後に贈ります。大体出産から一カ月を目安に贈るようにしましょう。もし忙しかったとしても、二カ月以内には贈るようにします。それ以上は失礼と思われてしまいますので、マナーは守ることです。

のしを用意する

出産内祝いを贈るさいには、のしに赤ちゃんの名前を記入して贈るようにしましょう。その時にフリガナを記入することを忘れないでください。

広告募集中